あの時見た、硬くて美しいと感じた
ダイヤモンドから始まり、環境問題の事を考えたり、
硬度のことを考えてみたり…。
日々生活していくなかで、気にもしていなかった
地平線に沈む瞬間の輝く夕日や
ビルのガラスに反射した、プリズムのような光。
もちろん、あの時博物館で見た
ダイヤモンドの輝きも キラキラと輝いていました。
キラキラしていても、気にもしないことも
一度立ち止まり、ふと、見つめ、考え直してみる。
新しく考えが生まれる。
そんなことが大事なんだと思う。
来年のPGGはどうしていこう
考えてみる
環境への配慮はどのくらいできるようになるだろう
考えてみる
でも、その考えを壊してみる
もう一度、考えてみる。 少しわかってきたのかもしれない。
その中でも変わらないのは、
とても、硬いきもちだった。

When I saw the diamond I admire with its hardness and beauty,
I started to think about environmental issues, hardness, and...
I wondered why I had not paid attention
To the shining evening sun setting into horizon
And to the prism light reflecting off the glass of the building.
Of course, the diamond that I saw at the museum on that day
Was glinting.
I shall stop, stare at, and put thought into
Something glinting and something that I have not paid attention to.
Then a new thought is born.
Perhaps, something like this is important.
What shall we do at PGG next year?
I wonder
How much can we examine the environmental issues?
I wonder
Coming up with many thoughts
I shall break them
And think about them once again.
Perhaps, I began to know that
My firm thought is immutable.

PERFECT PERFORMANCE GENUINE GENESIS